dental

準備しておきたいこと

「歯列矯正」治療の前に必要なこと

 一般的に、「歯並び」の綺麗な方は、活き活きとした表情をもっています。活発で明朗な性格を持つ人が多く、他人に好印象を与えることが出来ます。近年では、「歯並び」に対する意識が高まり、年齢に関係なく多くの方が「矯正歯科」治療を受けるようになってきました。  「矯正歯科」治療を考えた際、気をつけるべき事柄があります。それは、他の口中トラブルを改善しておく必要があるということです。虫歯や歯周病、歯槽膿漏等の問題がある場合は、「矯正歯科治療」を始める前に改善しておく必要があるのです。このような治療は、矯正歯科で行なうことができません。一般歯科医院での治療が必要になります。まず、一般歯科医院で口中の状態を確認してもらい、問題が無ければ「矯正歯科」で歯列矯正を受けることができるのです。

口中環境を良好にしておくことが大切

 「矯正歯科」で治療を受けている際は、普段よりも口中衛生が悪くなりがちです。矯正装置が邪魔をして、歯磨きがおろそかになるのです。歯並びが良くなっても、虫歯や歯周病になってしまっては、元も子もありません。そのようなことを避けるためにも、矯正治療中は丁寧にブラッシングする必要があります。  ブラッシングを行なう際、特に奥歯の溝と歯と歯の間の「プラークコントロール」が必要になります。ここは虫歯になりやすく、歯垢がたまり易い場所です。そのためにも、重点的に歯磨きを行なう必要があるのです。  また、デンタルフロスや歯間ブラシを用いることも効果的です。歯ブラシも毛先が開いてきたらマメに交換する等、器具の管理にも気をつけることが必要です。

Copyright© 2015 審美歯科も矯正歯科もキレイになりたいという夢をかなえる方法の一つ All Rights Reserved.